新タイプのBAY9Sウインカーバルブ

  • 2015.05.12 Tuesday
  • 16:06
新型のBAY9Sウインカーバルブが数個届きました。


このバルブをGOLF5 R32に装着して明るさを確認してみました。
左側:新型バルブ、右側:旧バルブ


左側:新型バルブ


右側:旧型バルブ


昼間に見た感じでは、新型バルブが2倍以上明るく感じます。
標準のH21W電球よりも明るいのでは!と思うほど明るいです。

しかしこのLEDバルブ、消費電力が思いのほか少なく、
GOLF7でしか使うことが出来ません。
GOLF5、Golf5 Vriant、TOURAN Trendline、Passat(B6)、
Sciroccoなどでは球切れ警告、非点灯などの症状が出てしまいます。

GOLF5系車両でも使用できるバルブは現在開発中ですので、
もう少ししましたら、販売のご報告が出来る予定でございます。

子供たちのための体験コーナー

  • 2015.02.18 Wednesday
  • 02:14
VWグループを紹介している映画を観終わった後は1階まで戻ってきました。

すると小さなビートルが沢山あります。


子供が乗る玩具のビートル?と思ってみてみると


モニター付きの小さなビートルでした。
これ、交通ルールなどを勉強できるカートレーナ
小さいころから交通ルールなどを勉強できるドイツ、凄いな!と思いました。

ちゃんとアクセルとブレーキも付いています!


ここの隣には木工を体験できる場所がありました。


小さい子供に物造りを体験した頂くのが目的の様です。
木を切って、組み立てて、色を塗って完成とのこと


あなたも作ることが出来るわよ!トライしてみる?と聞かれました。
時間もたっぷりあるので作ってみようかと思いましたが、
作った物をスーツケースに入れる場所が無いので、今回はあきらめました。
次回行った時は作ってみようと思います。

VWブランド、世界の工場紹介映画

  • 2015.02.14 Saturday
  • 08:08
デザインフロアーからは階段で降ります。


階段で降りようとすると左側に映画館の入り口の様な扉が!
スタッフの方が数名いたので、何時かな始まるのですか?とつたない英語で聞いてみると、
見ることは出来るけど、内容は全てドイツ語だよとのこと
見るだけでも見たみたい!と映画を見せて頂くことにしました。

ちょうど前回の上映が終わったようで、室内に案内してくれました。


そこそこ客席数のある映画館、ここで1人で見ることになりました。

映画の内容など全く分からず、席に座ると映画がスタート


色々な国名が出てきます。




最初はVWのデザインの紹介などでした。


次はVW中国の工場の紹介


VAGの各ブランドの工場なども紹介、
ポルシェはカイエンにサフェーサーを塗装するとことを紹介
ボディーをサフェーサーのプールに浸けるようです。


まさか!そのまま浸けるの?と思っていたら


ボディーが見えなくなるまで、サフェーサーのプールに浸かっていました!
ポルシェってこうやってサフェーサー塗装するのね!と勉強になりました。

Audiのレーシング部門などの紹介も


この映画、全てドイツ語などですが見るだけでも楽しめました。

車が出来るまで

  • 2015.02.03 Tuesday
  • 03:23
デザインブースの先には工場のラインを模した展示があります。


車が輪切りにされ、生産工程の順に並んでいます。


一番奥に進んでいくと完成したGPLF7 GTIになります。


この裏側が凄いことに!


見事に内部まで輪切りにされ、タイヤ、ホイール、
ディスクローター、スタビライザーまで綺麗に切られています。

次は縦置きV型エンジンの内部まで綺麗に輪切り


このように見れると車の構造が良く分かります。

内装を見るとパナメーラではないかと


こちらも見事な輪切りで、ドア断面も見ることが出来ます。

次の工程に進んでいくと運転席、助手席の位置に来ます。




横には取り付けるであろう部品も展示されています。


エンブレムからベントレーだという事が分かりました。

その次は塗装だけしたあるシンプルなボディー


ドアには塗装する順番も分かるようになっています。


ボディー後方は溶接ロボットとサフェーサーだけのボディー


順番に見ていくことで、車が出来るまでが良く分かります。


このコーナーの左側には各工程を説明するビデオも流されていますよ。

アウトシュタットのデザインブース

  • 2015.01.27 Tuesday
  • 22:10
アウトシュタットでは小・中・高校生らしき団体を良く見かけます。



15人〜20人ほどのグループにツアーガイドの方が付き説明していましたが、
ドイツ語で話しているので、何が何だか全く分からず...
車に乗る前からこのような体験ができるのは良いですね。

メインの建物に入って左側の上のフロアーがデザインブースになります。
エスカレーターを昇って行くと、GOLF7がお出迎えです!


1/1、実物大のデザインモック、この反対側は実際の車の様になっています。


半分は実際の車の様になっていました。




ここからどのようにデザインされ、モックになるか紹介されています。


動画でのデザインスケッチの紹介


そしてカーデザインスタジオ


デザインされたGOLF7が機械で削り出される様子


引いて写真を撮ると3つのモックがあり


before


after


まさしくGOLF7になっていました!

この辺りもスタッフの方が沢山いて色々と説明してくれます。

Wolfsburg、AUTOSTADTへ

  • 2015.01.26 Monday
  • 00:06
今回はWolfsburgのAUTOSTADTのチェックインまでをご紹介させていただきます。

羽田空港からフランクフルト空港への定期便は、
ANA、JAL、ルフトハンザと数多くの便が出ています。

フランクフルト空港からICE(ドイツの新幹線)に乗車することも可能ですが、
Wolfsburgに行くには乗り換えが必要になる電車がほとんどです。
今回はフランクフルト空港からUバーンに乗りフランクフルト中央駅へ。
ここからICEに乗ってWolfsburgに向かいます。



ICEのチケットはDB(ドイツ鉄道)のHPから購入することが出来ます。
今回は変更不可の切符でしたが、1Stクラスで49EURという値段でした。

途中の車内からの風景



フランクフルト中央駅からWolfsburgまでは3時間15分程度の乗車



Wolfsburg駅に到着いたしました。
ホームからはVWの本社工場を見ることが出来ます。



自宅を出てからWolfsburg駅到着まで、おおよそ24時間掛りました。
羽田空港での飛行機搭乗待ち時間が4時間程度、
フランクフルト中央駅でのICE待ち時間が2.5時間程度ありました。
慣れている方なら20時間程度で到着できると思います。

この日は旅疲れもあったのでホテルに直接向かいました。
ホテルの部屋からはVW本社工場の煙突も見ることが出来ました。



冬のドイツは日の出が遅く、9時頃にならないと明るくなりません。
9時少し前にAUTOSTADTに到着しました。



建物の中に入るとカウンターが見えます。



ここでオンライン予約しておいたチケットを出すと
カード、パンフレットなどを貰うことが出来ます。



今回は英語のガイドツアーに申し込んでおきましたので、
ガイドツアーチケットも一緒に受け取りました。

チケット


パンフレット


ガイドツアーチケット


日本の旅行会社が企画しているツアーでは、
日本語のガイドツアーも用意されているようです。
私は1人で行ったのでAUTOSTADTが用意している
英語のガイドツアーしか申し込むことが出来ませんでしたが、
簡単な英語で説明してくれたので、大変良かったです。
AUTOSTADTに行かれたならガイドツアーに申し込むことをおススメいたします。

ドイツへ

  • 2015.01.25 Sunday
  • 02:03
明けましておめでとうございます!のブログがこんな時期になってしまいました。
申し訳ございません。

2015年も皆様にドイツからの良い部品を提供できるよう、
ドイツの取引先に訪問し、色々と商談をしてきました。

そして、ドイツの取引先に行く前に、ドイツに行ったならここに行かなくては!



ということでVWの本社工場のあるwolfsburgに行ってきました。
ここには自動車のミュージアム、AUTOSTADT(アウトシュタット)があり、
WVブランドの各パビリオンがあったり、VW車の納車が行われたりしています。

AUTOSTADTやBerlinの内容などを数回にわたってご紹介する予定でございます。

ソーラーパネルに吸盤装着

  • 2014.12.11 Thursday
  • 16:42
こんにちは。
先日ご紹介いたしましたジャンプスターター機能付きモバイルバッテリー
ソーラーパネルに付属の吸盤を取付けて車内充電してみました。

ソーラーパネルに付属の吸盤を取付けます。


吸盤上部の半円の部分を指で曲げます。


吸盤は柔らかい素材なので、簡単に曲がると思います。

そしてソーラーパネルの穴にラバーを取付けます。


吸盤上部がある程度穴に入ったら、反対側の吸着面を押すと楽に取付できます。


四隅に吸盤を取付けます。


吸盤を取付けたソーラーパネルをダッシュボードに設置します。


ダッシュボードの素材によっては、吸盤が付きにくい事があります。


その場合は、吸盤を装着しやすい場所を探すなど工夫してみてください。


設置完了です。

バッテリーにソーラーパネルからのケーブルを差し、バッテリーをコンソールなどに置きます。


ON/OFFがOFFでも、充電が始まるとレベル表示が点滅し始め、
点滅していると充電中、全てが点灯していると充電完了です。
これなら走行中でもソーラーパネルがズレルことは少ないと思います。

付属のシュガーソケット充電ケーブルを使えば、


シュガーライターから充電する事も出来ます。


車から離れる時はなどは、フロントガラスにソーラーパネルを
サンシェイドの様に取り付ける事も可能です。

吸盤を先ほどと反対の向きに取り付けます。


4ヶ所の吸盤を同じ向きにしたら、フロントガラス内側に取り付けます。


ソーラーパネルのケーブルをバッテリーに接続しすれば、設置完了です。


これなら、自宅などに車を置いておきながら、車内でソーラー充電することも可能ですね。


間違っても、走行中にソーラーパネルをフロントガラスには付けないでください。

クリスマスセール第三弾 モバイルバッテリー

  • 2014.12.09 Tuesday
  • 01:07
こんにちは。
今回はクリスマスセール第三弾のモバイルバッテリーをご紹介させていただきます。

http://www.mi-taro.com/?pid=84307297

急いで出かける時に限ってバッテリー上がり!という事を経験された人も多いと思います。
私ももしものためにジャンプスターターって、あったら良いなと思っていました。
ジャンプスターターの機能があって、USBやPCの充電が出来ればかなり便利!


外出して電源が無いときでもスマホや携帯、さらにはPCに充電できるし、
キャンプや災害時にも有効だと考えていました。

ただキャンプや災害時に役に立つのはバッテリーに充電してある分だけ
モバイルバッテリーに再充電するには電源が必要なので、
充電するために車のエンジンを掛けたりする必要がありました。

そんな事を考えている時に取引先から紹介されて製品がこれです。


ジャンプスターターモバイルバッテリーにソーラーパネルを同梱した製品でした。

おぉ!これなら電源が無いところでも充電することが出来る!
しかもソーラーパネルで充電すれば電気代0円!


これならもしもの時も考えて持っておいても良いかも!と思いました。

ジャンプスターターとしての使い方は、
モバイルバッテリーの電源がOFFであることを確認します。
そしてジャンプスターターのケーブルをモバイルバッテリーに取り付けます。


赤いケーブルをバッテリーの+へ


黒いケーブルをバッテリーの−へ取り付けます。

そして電源をONにしてから、キースイッチを押します。


車のスターターを回してエンジンを掛けてください。
エンジンが掛ったら速やかにモバイルバッテリーを外してください。
これなら急いで出かける時にバッテリーがあがっていても車で出かけることが出来ますね。

付属品はUSB4in1ケーブル


iPhone、iPad、ミニUSB、マイクロUSBに対応しています。

PCなどのDC端子8種類


8種類あるとほとんどのDC端子に対応していますので、
ノートPCなどのDCを使う機器に対応することが出来ます。

普段の充電用として100V-24V対応のコンセント


コンセントで充電すれば、バッテリーがほぼ空の状態から6時間程度で満充電になります。

シュガーソケット充電ケーブル


走行中の車のシュガーソケットからも充電できます。

キットの中身です。


ソーラーパネル以外は付属ソフトケースに収納できます。


そしてソフトケース、ソーラーパネルをハードケースに入れて持ち運べます。


これならスマートに外出先に持って行けますね。

もちろん懐中電灯も搭載してありますよ!
キースイッチを長押しすると点灯、
もう一度キースイッチを押すおとSOSのモールス信号、
さらにもう一度キースイッチを押すと点滅と、
点灯→SOSモールス→点滅→消灯の順番です。

通常価格24,800円を12月28日までのクリスマスセールで19,800円(税込)でご提供させていただきます。
お求めやすいこの時期に一家に1台いかがでしょうか!

ご購入はこちらから

クリスマスセール第二弾 シリコンキーカバー

  • 2014.12.05 Friday
  • 18:06
こんにちは。
今日はクリスマスセール第二弾のご紹介です。

クリスマスセール第二弾はシリコンキーカバーです。
対象商品はType B 、Type Cの2種類となり、
通常価格1,290円(税込)を特別価格の1,080円でご提供させていただきます。

VW Silicon Key Cover Type C


VW Silicon Key Cover Type B


12月28日までの価格、以降は通常価格に戻ります。
是非この機会にお買い求めください。
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM