GOLF6 Vriantにクルーズコントロール取付

  • 2013.02.16 Saturday
  • 23:26
こんにちは。
今日は風が強く寒い一日でしたね!

そんな寒い中、お友達のお友達から依頼を受け
GOLF6 Vriantにクルーズコントロールを取付けてきました。
ざっくりですが取付方法をご紹介させていただきます。

まず最初にエアバックを外すのでバッテーリーのマイナスを外します。




エアバックを外します。




ステアリングのヘッドボルトを外します。




ステアリングを外します。




ステアリングコラム上、下の順番でカバーを外します。




ステアリングECUを外します。




ステアリングコラムスイッチの配線を外します。




ステアリングコラムスイッチを外します。




クルーズコントロール付のステアリングコラムスイッチを取付け、全ての配線を取付けます。




ステアリングコラムカバー下、上の順で取付けます。






ステアリングを取付け、ヘッドボルトを取付けます。




エアバックを取付けます。




VCDSでコーディング変更を行います。




ステアリングのエラーが表示されているので、ステアリングを左右にいっぱいに切ってエラーを消します。

クルーズコントロールレバーでONにしてMFIにクルコンのマークが
表示されたら、実際にクルコンが動くことを確認します。
問題なく動作すれば作業完了です。

ほとんどのGOLF6系の車両はステアリングコラムスイッチを交換し、
コーディング変更することでクルーズコントロールを装着できます。
(一部の車両ではステアリングECU交換が必要)

高速道路や信号の少ない一般道でクルーズコントロールはかなり役立ちます。
交換も少しの特殊工具とVCDSがあれば装着可能ですので、
これらをお持ちの方は是非DIYで取り付けてみてください。
 
コメント
コメントする