車が出来るまで

  • 2015.02.03 Tuesday
  • 03:23
デザインブースの先には工場のラインを模した展示があります。


車が輪切りにされ、生産工程の順に並んでいます。


一番奥に進んでいくと完成したGPLF7 GTIになります。


この裏側が凄いことに!


見事に内部まで輪切りにされ、タイヤ、ホイール、
ディスクローター、スタビライザーまで綺麗に切られています。

次は縦置きV型エンジンの内部まで綺麗に輪切り


このように見れると車の構造が良く分かります。

内装を見るとパナメーラではないかと


こちらも見事な輪切りで、ドア断面も見ることが出来ます。

次の工程に進んでいくと運転席、助手席の位置に来ます。




横には取り付けるであろう部品も展示されています。


エンブレムからベントレーだという事が分かりました。

その次は塗装だけしたあるシンプルなボディー


ドアには塗装する順番も分かるようになっています。


ボディー後方は溶接ロボットとサフェーサーだけのボディー


順番に見ていくことで、車が出来るまでが良く分かります。


このコーナーの左側には各工程を説明するビデオも流されていますよ。
コメント
コメントする