ソーラーパネルに吸盤装着

  • 2014.12.11 Thursday
  • 16:42
こんにちは。
先日ご紹介いたしましたジャンプスターター機能付きモバイルバッテリー
ソーラーパネルに付属の吸盤を取付けて車内充電してみました。

ソーラーパネルに付属の吸盤を取付けます。


吸盤上部の半円の部分を指で曲げます。


吸盤は柔らかい素材なので、簡単に曲がると思います。

そしてソーラーパネルの穴にラバーを取付けます。


吸盤上部がある程度穴に入ったら、反対側の吸着面を押すと楽に取付できます。


四隅に吸盤を取付けます。


吸盤を取付けたソーラーパネルをダッシュボードに設置します。


ダッシュボードの素材によっては、吸盤が付きにくい事があります。


その場合は、吸盤を装着しやすい場所を探すなど工夫してみてください。


設置完了です。

バッテリーにソーラーパネルからのケーブルを差し、バッテリーをコンソールなどに置きます。


ON/OFFがOFFでも、充電が始まるとレベル表示が点滅し始め、
点滅していると充電中、全てが点灯していると充電完了です。
これなら走行中でもソーラーパネルがズレルことは少ないと思います。

付属のシュガーソケット充電ケーブルを使えば、


シュガーライターから充電する事も出来ます。


車から離れる時はなどは、フロントガラスにソーラーパネルを
サンシェイドの様に取り付ける事も可能です。

吸盤を先ほどと反対の向きに取り付けます。


4ヶ所の吸盤を同じ向きにしたら、フロントガラス内側に取り付けます。


ソーラーパネルのケーブルをバッテリーに接続しすれば、設置完了です。


これなら、自宅などに車を置いておきながら、車内でソーラー充電することも可能ですね。


間違っても、走行中にソーラーパネルをフロントガラスには付けないでください。
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/04/09 5:27 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2019/01/13 8:49 PM
コメントする