ちょっと特別な部品

  • 2014.07.29 Tuesday
  • 23:56
こんにちは。
早いもので7月も残り数日となりました。
そんな中、ドイツより取り寄せた部品が届きました。

今回取り寄せた部品は、ちょっと大きな箱


届いた時、あれ?こんな大きなもの注文した?と思いました。

この部品は3点がセットになっていて、
まずはヘッドライトスイッチ周りのパネル


助手席側のパネル


メーター周辺のパネル


これはThe Beetle Fender Editionのウォールナットブラウンパネルでございます。
これは日本国内で入手することも可能ですが、
部品を取寄せる為には Fender Editionの車検証が必要となります。
それならば本国から取り寄せてしまえ!という事でお願いしてみました。

数日後、本国の取引先から、この部品の車体番号を教えてくださいと
VWパーツセンターから言われていますと連絡が入りました。
彼らが言うにはLHDなら取り寄せ可能だが、この部品はRHDなので
VWパーツセンターが車体番号を教えてくださいと言っていると思うとのこと。

ショップ様からの依頼で取り寄せた部品、何とかしなくては!
ということで、何とか車体番号を入手し取引先に送りました。
そんな訳で、次回も注文できるか微妙な部品でございます。

さて、私の取れる写真はここまで、
取り付けた写真はショップ様、エンドユーザー様のブログなどでご確認ください。

The Beetleへのカーテシ装着下調べ

  • 2013.04.16 Tuesday
  • 21:07
こんにちは。
約1ヶ月ぶりのブログとなってしまいました。

さて、今回はThe Beetleにカーテシって装着できるの?
とショップさんからお問合せを頂いたので下調べしてきました。

装着できるならこんな感じになります。
(写真はTOURANになります)

 

という事でThe Beetleのあるお店に行きデータを取ってきました。




ドアECUにアクセスるのも今までの車両とは違い、
どれがドアECUになるのか一苦労でしたが、なんとか分かりました。


結論は...
まだVCDSが対応していないので、どこをcoding変更すれば良いか分からず。
よって装着できるか分かりませんでした。


似た感じのcoding方法を持つGOLF Variantのデータをチェック





もちろんGOLF Variantとは部品が違うので
突破口が見つかればと思ってのですが、やはりダメでした。


現在はドイツの取引先に情報を持っていないか確認しております。


詳細が分かり、施工できましたら再度ご紹介させていただきます。